• 採用情報
    函館新聞社

ゆっくりでも迫力の「石段上り」函館八幡宮神輿渡御

 函館八幡宮(川見順春宮司)の例祭が15日に開かれた。2年に1度の神輿渡御(みこしとぎょ)が実施され、市内西部地区を大神輿(みこし)が巡行し、本殿に続く134段の石段を担いで駆け上がる「石段のぼり」が行われた。
 この日は時折雨が降る天気となったため、市の有形文化財に指定されている大神輿は雨よけのシートがかけられ、約90人の担ぎ手が交代で練り歩いた。金森倉庫群や函館朝市前では、観光客が威勢のいい掛け声に拍手を送っていた。
 クライマックスの石段上りは、雨で足元が濡れていて危険なため、「かけ上がり」ではなく、ゆっくりとした速さで行った。初めに同八幡宮の剣道場「神威館」の子ども神輿、続いて巡行には参加しなかった女神輿で、最後の大神輿はいつもより遅いものの約2分で本殿前に到着した。
 函館朝市前で見物していた、群馬県富岡市の会社員原康介さん(51)は「旅行に来てこんな大きな神輿を見ることができて良かった」、同八幡宮でかけ上がりを見ていた市内美原の主婦石森陽子さん(66)は「前回も見に来たが、かけ上がりでなくても迫力あった。皆さんお疲れさまでした」と話していた。(山崎純一)

      イベント・セミナー

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      11月16日の紙面

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      平成31年度私立中学・高校入試 平成31年度専修学校入学案内 2018 大学進学説明会