函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 6月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特別企画
    新型コロナに負けない!
  • 新型コロナで頑張る人へ
    メッセージ募集
  • クマ出没マップ
    出没マップ

作家と作品に光当て10年 函館の文芸誌「視線」 記念特別号完成

 函館の文芸同人「視線の会」は文芸誌「視線」の第10号となる創刊10周年記念特別号を発行した。編集長で元市文学館館長の和田裕さん(73)は「道南、函館の文学に光を当てるような作品、作家を掘り起こしたいと意識し、発行を続けて10年。記念号にふさわしい内容になった」と話している。
 巻頭詩は客員同人で詩人の麻生直子さんが「ノルマンディーホテル」を寄せた。評論では、同じく客員同人の近藤典彦さん(国際啄木学会元会長)が「啄木最後の日々-貧窮・結核・予言・創作・佳き人たち」と題して啄木の最晩年の姿を追った。また、水関清さんによる「復元『悲しき玩具』収載歌一覧・付表」は、市中央図書館発行の「函館市民文芸第59集」の入選作と合わせて読むことで、啄木の推敲過程への理解が高まる。佐藤和範さんは「砂山影二の生涯」と題し、20歳で自ら命を絶った大正期の歌人にスポットを当てた。
 小説は7人が執筆。和田さんは「現代の人間の存在意義を多角的に捉えた作品がそろった」と話す。このほかにも詩歌、詩画、紀行文、随想と幅広いジャンルの作品を取りまとめた。
 同誌は1980年に創刊した同名の文芸誌を2010年に復刊し、以後、毎年発行を続けてきた。記念号の編集を終えた和田さんは「地方に生きている人々が日々の生活の中で、文学の目で掘り下げていくことに、地方で文芸誌を出すことの意義があると考えている。これからも函館に根ざした雑誌であり続け、ゆかりのある人たちに声を掛け、厚みを付けていきたい」と話している。
 A5判、202ページ。250部発行。一部500円で、川原町の三省堂書店で販売。問い合わせは和田さん(0138・32・6844)へ。(今井正一)

      文化











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト