道理容競技大会で3人が入賞

 函館理容美容専門学校(大西忠彦校長)理容科2年の3人が、6月に札幌市で開かれた「第71回北海道理容競技大会」(道理容生活衛生同業組合主催)で、競技別最優秀賞など好成績を収めた。今月17日には全国理容美容学生技術大会の道地区大会を控え、この3人を含む同校生がスキルアップに励んでいる。
 学生部門は3競技あり、理容科のある道内5専門学校から22人が出場。最優秀賞は「ワインディング」競技の佐藤晴香さん(27)、「クラシカルバックバリエーションセット」の古部滉己さん(19)。「ミディアムカット」で、赤坂すずかさん(同)が敢闘賞に入賞した。
 ワインディングはパーマをかけるロッド巻きの美しさを競い、佐藤さんは昨年の同大会で優秀賞を受賞。美容師免許を持っているが、配列などは美容のワインディングと異なるため、腕を磨いてきた。「気持ちに余裕を持って臨めた」と振り返りながら、「次は納得のいく仕上がりを目指す」と力を込める。
 ドライヤーで髪を整え、角刈りにアクセントを加えるクラシカルバックバリエーションセットで、同大会に初出場した古部さん。大会前は不安もあったというが、「先輩の作品も参考にしながら、とにかく奇抜にしようと思った」と明かす。短い毛先の抑えなど課題も見つかり、「減点するところのない完成度を目指したい」と意気込む。
 赤坂さんの出場したミディアムカットは、後頭部の刈り上げと7・3分けの技術を盛り込む。正面から見た時の美しさを意識して仕上げたが、「敢闘賞は悔しい」とこぶしを握る。「刈り上げの技術を高めたい」と技術向上を誓う。
 学生技術大会には、同校から理容科5人、美容科15人が出場する。(蝦名達也)

      文化

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月24日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会