函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 新コンテンツ
    DONAN RESEARCH
  • 豪雨災害
    義援金受け付け中
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

独自の世界観で魅せる匠の仕事④/鞍掛窯 白岩大佑さん

白岩大佑さん
鞍掛窯
鞍掛窯
     真に伝統を継ぐべく技を研ぎ澄ませ
     道具を超え生命力を感じる作品に

     「手間を掛けゆったりとお茶を味わう時間、物を丁寧に扱う所作…作品を通してお茶の文化の一端を伝えられたら」。そんな思いを込める白岩さんの急須は、自然に両手で包み込みたくなるやわらかな雰囲気をまとう。茶道具としてだけにとどまらない美しい造形の原点は、常滑焼の本場・愛知県で日本最高峰の急須職人と称される小西洋平氏との出会い。「先生の作品は人の手で作ったものとは思えず、造形だけであんなにも感動したのは初めてだった」と、大学時代に弟子入りして以来、急須作り一筋に心血を注ぎ、2013年に函館山の麓に、薪窯「鞍掛窯」を築いた。
     急須はまず道具として形作るだけでも難しく、100個作っても完成するのは一握りという薪窯を使う職人は全国でもまれ。加えて土と灰が溶け合うことで生まれる自然釉の発色を生かそうと、扱いの難しい「白泥」に10年来挑戦し続け、淡く、時に目の覚めるような色彩を炎の揺らめきと共に作品に焼き付けてきた。「技を継承するだけではなく、新たな感覚を足していくことが真に伝統を受け継ぐということだと思っています」と話す白岩さん。ろくろを挽き始めると、わずか2mmという厚さでみるみる急須の部品が現れ、指の感覚のみを頼りにふたと胴をピタリと合わせる瞬間は見る者を圧倒する。「粘土がちゃんと言うことを聞くでしょ?」と語り掛けるように作品と向き合う様子に、土に命が吹き込まれる現場を垣間見た気がした。
    (ハコラク 2020年7月号掲載)


    鞍掛窯
    函館市住吉町5‐15 
    ☎0138‐26‐1510 
    http://www7b.biglobe.ne.jp/~tai-s610




      ヒューマン











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト