函館新聞電子版

老舗味めぐり/なか川菓子舗

なか川菓子舗
川﨑富貴子さん
なか川菓子舗
     創業149年の伝統の味を姉弟で受け継ぎ守り抜く

     建物の佇まいと壁一面に飾られた和菓子の木型や焼き印が、店の歴史を物語る「なか川菓子舗」。1872年に宝来町で創業し、1934年の函館大火後、八幡町に移転。大福などの餅菓子や亀田八幡宮例大祭に出店し名物となった「八幡饅頭」をはじめ、かつては煎餅や洋菓子も手掛けていた。近年は亀田八幡宮での販売や注文時のみの営業だったが、「なか川の歴史を途切れさせたくない」と創業者の玄孫・川﨑富貴子さんが6代目継承を決意。子供の頃から共に店を手伝ってきた弟の仲川昇さんと力を合わせ、昨年から店頭販売も再開した。
     米の甘味豊かなこの店の餅は、代々受け継ぐ石臼突き。素材の味が濃厚な「草大福」や春限定の「桜餅」など、伝統の製法を守り、昔と変わらぬ味にこだわる。来店客と思い出話に花が咲き、「おいしい」という声が届くと、「苦労も全て忘れてしまう。これからも愛されるよう頑張りたい」と人々を笑顔にする菓子作りに邁進している。
    (ハコラク 2021年4月号掲載)


    なか川菓子舗
    函館市八幡町17‐20 
    ☎0138‐41‐8054
    9:00~17:30 
    ※商品が無くなり次第終了
    (毎月1・15日の4:00~10:30頃は亀田八幡宮で販売)
    日曜、祝日定休(事前予約で定休日も営業可能)   

      3月26日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト