函館新聞電子版

渡島・桧山地方は猛吹雪などに警戒を

 函館地方気象台によると、北海道付近は17日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込みで、渡島・桧山地方では、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風、高波に警戒を呼び掛けている。
 気象庁の速報値によると、16日午前9時までの最大瞬間風速は、奥尻町33・3メートル、江差町31・5メートル、函館市美原27・8メートル、北斗市24・2メートル。
 風が雪を伴い非常に強くなるのは、渡島東部・西部と桧山北部では16日夜遅くまで、桧山南部・奥尻島では17日までの見込み。このほか渡島西部、桧山地方の海は17日にかけて大しけとなる見込み。
 16日に予想される最大瞬間風速(西の風)は、渡島北部の陸上25メートル、海上30メートル。渡島東部・西部の陸上 30メートル、海上35メートル。桧山地方の陸上・海上とも35メートル。17日は桧山南部と奥尻島の陸上・海上で35メートル。
 予想される波の高さは、16日は渡島北部3メートル、渡島東部6メートル、渡島西部と桧山地方8メートル。17日は渡島西部と桧山地方で7メートル。
 16日午前6時から17日午前6時までの24時間に予想される降雪量は渡島・桧山地方で30センチ。気象台は最新の防災気象情報に留意を呼び掛けている。

      2月16日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト