函館新聞電子版

北斗で新たにクラスター10人 小規模多機能ホーム

 道は15日、北斗市内の福祉施設運営会社「魅力」が運営する「小規模多機能ホームらしさ七重浜」(七重浜2)で、計10人(職員4人、利用者6人)のクラスター(感染者集団)を認定したと発表した。同社の別の2施設でも既に計24人のクラスターが発生しており、合計34人となった。北斗でのクラスターは3例目。
 道によると、12日にらしさ七重浜の職員1人が陽性と判明。これを受け職員16人、利用者28人の全員にPCR検査を実施したところ、40歳代~90歳代の10人の感染が分かった。いずれも無症状または軽症。
 施設では宿泊サービスは継続しているが、通所サービスは13日に休止した。職員の一部がクラスターが判明した「地域共生ホームらしさおむかいさん」「小規模多機能ホームらしさ久根別」との往来があったという。
 また、道の発表では、渡島管内で新たに15人の感染を確認。内訳は10~90代の12人と年代非公表の3人で、男性5人、女性7人、性別非公表3人。このうち6人が北斗市居住、1人が松前町居住を公表している。(山崎大和)

      1月15日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト