函館新聞電子版

【台風情報】台風最接近は13日朝~昼ごろ、強風は注意報レベル

 函館地方気象台によると、台風19号の影響で、渡島・桧山地方は13日の朝から昼前をピークに荒れた天気が予想される。海上では非常に強い風が吹き、うねりを伴うしけとなるが、風は陸上、海上ともに注意報級にとどまる見通しだ。
 大型で非常に強い台風19号は日本の南を北上し、進路予想では13日午前9時に三陸沖に達し、道南でも影響を受けやすくなる。その後、本道の南東海上で温帯低気圧に変わる見通し。
 風は12日午後にかけて徐々に強まり、13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は海上で20メートル(30メートル)、陸上は奥尻島で18メートル(30メートル)。波の高さは5メートルで渡島ではうねりを伴い、沿岸部では高波への警戒が必要だ。同気象台は「奥尻で突出して強い風が予測される。渡島半島では普段よりは強いが注意報級にとどまる」との見通しを示す。
 また、12日正午からの24時間雨量は50~100ミリと予想。函館市内では同日昼ごろから降り始める。同気象台は今後の気象情報に注意を呼び掛けている。(今井正一)

      10月11日











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト