• 採用情報
    函館新聞社

いつまでも安全運転を 高齢者ドライバー講座

 交通事故防止や、運動・認知機能の維持を狙い、函館市在住の65歳以上の高齢ドライバーを対象にした「健康安全運転講座」が8日、ダイハツ北海道函館店で開かれた。66~89歳の男女約15人が参加し、正しい運転姿勢や死角確認の学習、体力測定や運動指導を体験し、長く安全に車を活用できるように自己の運転技術を再確認した。
 ダイハツの地域密着プロジェクトの一環で、各種団体と連携し高齢者の事故減に努めている。ダイハツ北海道販売の主催で函館市が後援、今年度は2回目の開催。
 運転の基本を学ぶ講座では、日本自動車連盟(JAF)函館支部の職員が講師となり、運転前の確認として、シートの高さやシートベルトの位置、バックミラーの角度などを挙げて正しい運転姿勢を紹介。その上で、「長年の運転姿勢で最初は違和感があるかもしれない。正しい姿勢に近づけることが安全を守ることにつながる」と話した。
 また、車の周りに置いたカラーコーンを運転席から見る死角確認では、ミラーだけでは不十分で乗車前の目視の重要性も伝えていた。衝突回避ブレーキ機能などが付いたダイハツ車の安全サポート機能の高さに、参加者は驚いていた。
 道理学療法士会道南支部による体力測定、健康講話では、衰えがちな運動能力を高める簡単な体操などが紹介され、効果を実感していた。運転歴50年という市内在住の無職、中井正房さん(70)は「死角確認ではミラーの角度を変えても見えないところがあって怖かった。改めて目視の大切さを再認識した」と話し、今後も安全運転を心掛けることを誓っていた。(小杉貴洋)

      10月8日の記事

      最新記事

      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医11月23日付
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora