• プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求めた。21日まで。
 3月に函館市内で初開催された「ピロシキ博」では、オリジナルレシピコンテストに6グループが参加。地元パン店などの製造で16種が商品化され、初日は全種類が店頭に並んだ。試食も提供された。
 市立函館高校料理部考案の「麻婆(マーボー)ポテト」、函館大学ピロシキ研究所考案の「魯肉飯(ルーローハン)」などを購入した藤田諒さん(22)=道教育大函館校4年=は「いつも食べているピロシキと違って面白い。期間中また来たい」と話していた。
 はこだて焼きピロシキ協同組合(ソユーズはこだて焼きピロシキ)の北見伸子代表は「高校生や大学生の自由な発想や遊び心が面白い。さけとば、さきいかなど、私たちには思い浮かばない食材で函館らしさを表現している。いろいろな味を楽しんでもらいたい」とPRしている。
 価格は200円~300円(税別)で、各日数種類を個数限定で販売。18日には全種類が登場し、レシピを考案した高校生や大学生が販売を手伝う。(早坂直美)

      5月15日の記事

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月20日の紙面

      お知らせ

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      大学進学説明会2019
      Moora