物流停滞、スーパーは現在も一部品薄 平常復帰は17日以降

 函館市内では、8日までに胆振東部地震による大規模停電が全面復旧したが、現在も道央などの食品工場の稼働が停止している影響で、市内のスーパーマーケットでは乳製品など一部商品の品薄が続いている。複数の流通関係者によると、徐々に品ぞろえは戻りつつあるが、地震前と同等に戻るのは週明けの17日以降になる見通しという。
 コープさっぽろいしかわ店(石川町)では、食肉メーカーの工場が停止している影響で、発注した量の半分程度しか入荷できず、肉コーナーでは商品の品切れが相次いでいる。担当者は「一部のメーカーは14日に通常に戻ると聞いているが…」と気をもむ。
 港町1のスーパーアークス港町店では、肉や野菜などの生鮮品の品ぞろえはほぼ通常に戻ったが、ヨーグルトやバターなどの乳製品の欠品が目立っている。11日に牛乳を買い求めた亀田港町の主婦(51)は「いつも買っているメーカーのものはなかったが、手に入れることができて良かった。ほかの商品も少しずつ増えていてほっとしている」と話していた。
 スーパー魚長本通店(本通1)は11日、地元の食品工場の稼働により、前日まで仕入れがなかった豆腐や納豆が入荷。1人1パックの購入制限を設けたが、納豆は100パックが午前中に完売、豆腐も午後4時の時点で残りわずかになっていた。また、玉子も入荷が少ないため個数を制限している。
 木村好孝店長は「地元製品や冷凍食品なども徐々に増えてきているが、まだまだ品切れの商品も多い。これから順次回復していく見通しなので、1人で必要以上に買い込まずに譲り合いをお願いしたい」と呼び掛けている。(金子真人)

      9月12日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会