“スイーツ甲子園”予選大会に清尚学院の3人出場

 全国の高校生が創作菓子で日本一を目指す「第11回貝印スイーツ甲子園」(貝印主催)の予選大会(東日本ブロック)が8月上旬に東京都で開かれ、清尚学院高校製菓衛生師科の3年生女子生徒3人が出場した。惜しくも決勝大会進出はならなかったが、審査員の評価は上々で、3人は「悔しさもあるが良い思い出になった。この経験を将来に生かしたい」と話している。
 大会には、オリジナルスイーツのレシピなどによる書類審査に266チームが応募。東・西日本ブロック合わせて23チームが駒を進めた予選大会では、オリジナルと課題の2作品を3時間以内に仕上げ、審査を経て決勝大会に出場する両ブロック各2チームを選出した。
 チームは3人1組で、同学院からは菊地唯さん、笹森美菜さん、吉田陽十美さんが「だべらー」のチーム名でエントリー。試作などを含め約1カ月の期間で、抹茶やほうじ茶をふんだんに使用したムースなどを5層に重ね、下層にはザクザクした食感が楽しめるシュトロイゼルを配置した。抹茶スポンジクラムで表面を飾り、人形やあめ細工のサクラで飾り付けたケーキ「なまら春だべさ」を完成させた。   
 予選大会では、緊張と勝手の違いに慣れることができず苦戦した。試作では失敗しなかったあめ細工が思い通りにならかった。それでも厚沢部町産の黒大豆などを使ったケーキは満足の出来。審査員からも「断面がきれいで味も良かった」と高評価を受けた。しかし、強豪勢に及ばず涙を飲んだ。
 3人は「予選大会に出場できただけでも奇跡」とし、笹森さんは「諦めずにやってよかった」。吉田さんと菊地さんも「結果は振るわなかったが楽しくやれた」と笑顔。今後も製菓のエキスパート目指してまい進することを誓った。(小杉貴洋)

      9月 5日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会