9日に公民館で「丘の上の芸術祭」

 函館近郊で芸術分野で活躍する人々が出演する「第4回丘の上の芸術祭」(市文化・スポーツ振興財団主催)が、9日午後1時半から市公民館(青柳町)で開かれる。5組の出演者が音楽やダンスなどの多彩なステージを披露する。
 ピアニストの伊藤亜希子さんは、ショパンやリストの曲を演奏後、函館出身のバリトン歌手佐藤季敦さんと共演する。シンガーソングライターのmokaさんのステージ、新川町のストリートダンススタジオ「ファンキー・ワーム・カルチャー・スタジオ」(JUNIORオーナー)が出演する。
 演劇ユニット「41×46」(館宗武主宰)は、音楽バンド「夢の島の二階」の森下雄介さんが初めて脚本を書き、同劇団の庭田育美さんと出演する2人芝居「静かすぎる」を上演。演出担当の館さんは「初めて脚本を書いた人が初めて演じる作品。普段お芝居を見る機会が少ないと思うので、お客さんが見て面白いと思ってもらえる作品に仕上げていきたい」と意気込んでいる。
 各出演者のステージは30分で、10分間の休憩を挟む。このほか、公民館講座の講師や利用団体のドールハウス、絵画などの展示も行う。チケットは前売り500円(当日700円)。問い合わせは同館(0138・22・3320)へ。(今井正一)

      9月 5日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月25日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会