パッチワーク目で楽しんで 芸術ホールで村国さん教室展

 函館市内で活動する村国眞知子パッチワーク教室の作品展が市芸術ホール(五稜郭町37)内のギャラリーで開かれている。6日まで。
 同教室は、村国さんの自宅や函館市女性センターなどで月2回のペースで開講。30~90代の生徒25人が自由にパッチワークづくりを楽しんでいる。
 展示会は、生徒22人と村国さんが制作した横2メートル×縦2・3メートルほどのベットカバーサイズのパッチワークキルト15点のほか、カバンやクッションカバーなどのピースワーク小物100点以上が並んでいる。村国さんは「暮らしに役立つパッチワークというよりは、目で楽しめる“Showキルト”ばかりが集まった」と展示会を紹介する。
 時間は午前10時~午後5時(最終日は同4時)。村国さんは「多彩な色遣いやデザインを目で楽しんで、明るく元気なってほしい」と話している。(柳元貴成)

      9月 4日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会