きれいなプール楽しんで 素潜り手作業、黙々と清掃

 小中学生の夏休みに合わせ、函館市民プール(千代台町)では汚れやほこりが多くなるこの時期に清掃活動に力を入れている。素潜りした職員が手作業で床に沈んだほこりやごみを丁寧に吸い取り、清潔なプールを維持している。
 清掃は、25メートルでは水泳教室などで利用頻度が高いため毎日実施。一方、50メートルは通常期が週4回で、利用増が見込まれる7月25日から今月末まで毎日行うことになっている。
 担当は、指定管理者の市文化・スポーツ振興財団職員で同プール監視員ら男女14人。一日4人で25メートルと50メートルを、浮遊物が沈む営業開始前の午前8時半から約45分間、専用のクリーナーで除去する。
 50メートル(幅21メートル、最深部1・65メートル)では、職員は息継ぎしながらクリーナーを床にはわせ、ごみを吸い上げた。手作業で空気ボンベを使わないほうが動きやすく、隅々まで汚れが取れるという。職員は「きれいなプールを楽しんでほしい」と話し、黙々と作業に励んでいる。(佐々木 司)

      8月 8日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会