札取り合い真剣勝負 啄木かるた大会、函館・盛岡の児童交流

 函館ゆかりの歌人、石川啄木の短歌で楽しむ「函館・盛岡啄木交流かるた大会」が7月28日、函館アリーナで開かれた。3人1組で函館から13チーム、盛岡市から1チームが参加。リーグ戦やトーナメントで優勝を競った。
 啄木は渋民日記で、渋民村でかるた(百人一首)が「自分が一番うまい」と自負。「啄木かるた」は代表的な短歌100首を札にして作られ、「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに」「潮かをる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇よ今年も咲けるや」など、渋民や函館の情景の歌も含まれる。
 大会には、市内からは5カ所の学童保育所から2~6年生が参加。試合が始まると子どもたちも徐々に声が出始めて、会場は熱気にあふれた。
 風の子クラブのチームで参加した函館八幡小6年の星野優二君(12)は「30枚くらいしか歌を覚えていないが、札を取り合うところが面白い」と話した。盛岡代表の「デスパイネ」は、8チームによる決勝トーナメントの準決勝まで進出。吉田優月君、菊池陽翔君、照井孝太郎君=盛岡・永井小6年、いずれも11歳=は「啄木の文化に親しめるところが楽しい。優勝を目指したい」と話していた。
 決勝では、わんぱくYMT(わんぱくクラブ、三浦夢華、高橋俊樹、澤田芽依)が嵐(風の子クラブ、喜多このみ、土門華那、布施優斗)を破り優勝。来年2月に開かれる盛岡の大会に進む。また、開会式では小笠原アカデミー教育振興財団の小笠原孝理事長が来場し、市文化・スポーツ振興財団の佐々木茂理事長に助成金の目録を手渡した。(今井正一)

      7月31日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会