21日に七重浜海水浴場オープン 函水高生が準備に汗

 【北斗】市が開設する七重浜海水浴場(七重浜1)が21日に今季のオープンを迎えるのを前に、17日、函館水産高校(亀山喜明校長)の生徒たちが、ブイの設置など準備作業を手伝った。
 海洋技術科生産コースの3年生18人が授業の一環で協力。海水浴場を管理運営する「さざなみ会」(寺澤十郎会長)のメンバーとともに作業に当たった。
 生徒たちはウェーダー(胴付長靴)を着用して海水に入り、ブイが等間隔に付いたロープを境界の位置まで引っ張った後、真っすぐに整えた。このほか、海中清掃も行い、3、4人のグループになって海面や海底に落ちていたごみを拾い集めた。
 鎌田尚陽君(17)と佐々木蓮仁君(17)は「夏はいつもここで海水浴をするので、利用する人の安全を考えながら作業した。授業で学んだ技能で地域貢献できて、貴重な経験になった」と話していた。
 同海水浴場の開設期間は8月19日まで。遊泳時間は午前10時~午後4時。8月13日は休場。
 北斗市内ではこのほか、谷川地区遊泳場(谷好4)が26日~8月19日(8月12~16日休場)、石別地区遊泳場(当別)が29日~8月12日にそれぞれ開場する。(鈴木 潤)

      7月18日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会