「ラビスタ」来年改修へ 大浴場拡張、客室を補修

 全国でホテル事業などを展開する共立メンテナンス(東京)が、運営する函館市豊川町のホテル「ラビスタ函館ベイ」(339室)で来年、大浴場や客室などを改修することが22日、分かった。来年以降、JR函館駅周辺で続々と新規ホテルが営業を始める中、今年で開業10周年を迎えたのを機に施設のリニューアルを決断し、競争力を高める狙いだ。
 年明けにも1週間程度休業し、更新工事に着手する計画。最上階の大浴場を拡張し、洗い場を増設する。全客室で稼働率が最も高い「デラックスツイン」は、経年劣化で傷みが激しい箇所を補修。2階の朝食会場はスペースを拡大し、混雑緩和につなげる。事業費は5~10億円規模になる見通し。
 同ホテルは、2008年4月に開業。世界最大級の口コミ旅行サイト「トリップアドバイザー」で「朝食のおいしいホテル」として、7年連続で道内1位を獲得し、人気を集めている。
 同駅近くでは2020年までに6つのホテルが新たに開業し、競争激化が予想される。ラビスタ函館ベイは「宿泊客の満足度を一層高め、リピーターの獲得につなげたい」としている。(山田大輔)

      6月23日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月22日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会