サッカーW杯日本初戦勝利に函館でも歓喜

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で、1次リーグH組の日本代表は19日、初戦となるコロンビア戦に挑み、見事勝利した。函館市内のスポーツバーでは、多くの市民が集い“サムライブルー”勝利の喜びを分かち合った。
 本町17の「ツインフェザー」(舘山康宣代表)では、試合開始の30分前から代表ユニフォームを着たサポーターが集まり107人が店内を埋め尽くした。
 日本代表は前半、香川真司選手のPKでリードし、その後同点にされるも後半に大迫勇也選手の追加点で勝利。店内は「ニッポン」コールが飛び交った。
 市内のサッカーチームメンバーで集まったという幼稚園教諭の笹田直矢さん(33)は「初戦突破するのは難しいと思っていたのでとてもうれしい。次回にも期待したい」と話していた。(柳元貴成)

      6月20日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月19日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会