高温に雨、渡島・桧山急激な雪解けに注意を

 函館地方気象台によると、渡島・桧山地方は9日、気温が上昇して雨となり、急速に雪解けが進む見込み。低い土地の浸水、道路の冠水、土砂災害、河川の増水のほか、積雪の多い傾斜地では10日以降もなだれに注意が必要としている。
 日本海を北東に進む低気圧が9日に北海道付近に接近、通過する見込みで、低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流入するため、上空約1500メートルの気温が5月中旬から下旬並みとなる。渡島、桧山地方で予想される雨量は、9日の明け方から夕方までで30ミリ。8日正午からの合計は80ミリに達する。
 また、うねりを伴った高波にも注意を呼び掛けている。波の高さは、渡島北部は3メートルでうねりを伴う、渡島東部は5メートルでうねりを伴う、渡島西部と桧山地方は4メートル。
 函館では8日から9日かけての最低気温は約7度と高く、9日は日中の予想最高も4月上旬並みの10度。8日も気温が6度まで上がり、積雪は62センチから午後8時現在で53センチに減っているが、平年の約3倍の多さとなっている。
(山崎純一)
 
 

      3月 8日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会