• 8月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 採用情報
    函館新聞社

小松左京ライブラリが未来大の松原教授にデータ提供

 SF作家、小松左京さん(1931~2011年)の著作権管理事務所「小松左京ライブラリ」(神戸市)は27日までに、人工知能(AI)を研究する公立はこだて来大学の松原仁教授らのグループに全作品のテキストデータを提供したことを発表した。松原教授らはAIに短編小説を創作させる研究をしており、貴重なデータとして解析を進めている。
 データを提供したのは1年前だったが、左京の没後5年になるのに合わせて発表した。
 提供したテキストデータは「日本沈没」や「首都消失」「果てしなき流れの果に」といった長編に加え、阪神大震災の取材記録「大震災95」、90年に国際花と緑の博覧会の詳細をつづった「巨大プロジェクト動く」など。
 松原教授らのグループは2012年から、「ショートショートの神様」と呼ばれた作家、星新一さん(1926~97年)の作品テキストやプロットを解析し、AIにショートショートを創作させるプロジェクトを行っている。17年に新作を発表する計画で、昨年はコンピュータープログラムで創作した作品を第3回星新一賞に出品した。
 同ライブラリによると、小松さんと星さんは深い親交があり、星さんの遺族を通じて、今回のデータの提供に至ったといい、「人工知能の研究に生かしてもらうため提供した」と説明する。
 同ライブラリを運営する小松さんの遺族は「未完の遺作『虚無回廊』があり、AIが作者の思想、感情を読み解いて完結させてほしい。空想と現実が一体となった世界が実現することを願う」としている。(鈴木 潤)

      1月28日の記事

      最新記事

      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      道南市町村ニュース

      地域ニュース一覧

      紙面ビューア

      お知らせ

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト

      Moora