観光振興策語り合う 道が100日前記念サミット

 道は16日、来年3月26日の北海道新幹線開業まで17日であと100日となったことを記念し、ロワジールホテル函館で「北海道新幹線サミット」を開いた。「北海道新幹線開業に向けた期待と開業後を見据えて」をテーマにパネルディスカッションを行い、観光振興策などについて語り合った。
 市民ら約150人が参加。パネリストとして、函館山ロープウェイの竹村隆社長や道内ホテル大手、鶴雅グループの大西雅之社長ら5人が登壇した。
 竹村社長は「北海道新幹線は今後、運行時間を短縮するなど段階的に成長する伸びしろがあり、その都度PRするチャンスがある。
その際には、地域の魅力を違った形で発信していく努力が不可欠だ」と強調した。
 大西社長は「年間190万人が訪れる大沼エリアは宿泊地として過小評価されており、成長の可能性がある」と述べ、来春七飯町に開業する「大沼鶴雅オーベルジュ エプイ」について「館内のジオラマや多彩なランドスケープ(庭園造景)で、大沼のシンボルとなるようなホテルにしたい」と抱負を語った。
 また、北海道体験観光推進協議会の代表理事を務める坂本昌彦さんは「関東から修学旅行の誘致を考えた際、道南にはクラス単位で行える体験学習メニューが少ない」と指摘。「集客のためには観光コンテンツの開発が急務だ」と力を込めた。(山田大輔)

      12月17日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月20日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会