駅前「光の回廊」19日から点灯

 JR函館駅前広場で、イルミネーションの設置作業が本格化している。道南スギ素材の木製フレームが組み立てられ、駅舎出入り口から国道に向かう回廊部分となる。今月中旬に設置作業が終わり、点灯パターンの仕掛けなどを調整し、19日の点灯開始を予定している。


 本年度の駅前のイルミネーションは、民間からの公募として、髙田傑建築都市研究室(松風町)など市内4社でつくるグループの提案を採用。市と細部を調整し、11月20日から設置作業が始まった。
 駅舎から80メートルの区間に、四角すい状に組み合わせた木製フレームが連続して並び、真横から見た場合には函館山をイメージし、いさり火に見立てた球状の電飾をつり下げる。内部を通行することが可能で、点灯パターンに変化を持たせる。周辺の花壇部分は青色のLEDを使い海をイメージし、街路樹にも電飾を巻き付ける。駐車場の入り口付近にも電飾を拡充して、全体的なボリューム感を出した。
 1日の作業では、光の回廊となる部分に足場が組まれ、木製フレームの組み立てが始まった。中旬には設置作業が終わる予定。点灯時間は、開港通りや二十間坂などのイベント「はこだてイルミネーション」と同じ日没から午後10時までで、来年3月末までを予定している。
      (今井正一)

      12月 3日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月21日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会