臥牛山12月1日・児童虐待

ヘビースモーカーは大人なら肺がんの危険性が高くなり、子どもなら気管支炎などで苦しむ場合が多い。2歳児に喫煙させたり、糖尿病の児童に治療薬をやめさせたり、健康をむしばむ児童虐待はいっこうに減らない▼24歳の父親と交際相手の16歳の少女は、2歳児に火のついたたばこを6回吸わせ、その様子を撮影した動画をフェイスブックに投稿。嫌がっているのに「面白半分でやった」という(愛知県)▼糖尿病で苦しむ7歳児童にインシュリン投与が必要なのに「インシュリンには毒がある。糖尿病は治らない」という祈とう師に洗脳された家族が投与をやめ、児童は衰弱死。医者による治療を続けていれば助かったのに(栃木県)▼京都で12歳男児が兄の部屋で見つけた大麻に火をつけて、4回吸った。山形県では若い夫婦が、生後16日の長女をプラスチック製のごみ箱に閉じ込めて窒息死させた。「泣き声がうるさかった」という▼喫煙や大麻は非行の始まり。かつては児童相談所や警察が映画館などを巡回、喫煙している子どもを補導。今の児童虐待はプライバシーを盾に潜行する懸念がある。児相を中心に各機関、地域住民も含めた強力な「命を守るネットワーク」が必要だ。(M)

      12月 2日の記事

      最新記事

      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      ニュースカレンダー

      紙面ビューア

      9月26日のイベント情報

      北海道胆振東部地震の影響によりイベント中止および延期となっている場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。
      2018 大学進学説明会