函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 採用情報
    函館新聞社
  • クマ出没マップ
    出没マップ

道新幹線、営業運転初のトンネル内210キロ走行へ

 JR北海道などは24日、年末年始に青函トンネル内(約54キロ)で北海道新幹線の高速走行を実施すると発表した。12月31日~来年1月4日の5日間、営業運転としては初めて一部の列車でトンネル内の走行速度を、現行の160キロから210キロに引き上げる。
 対象となる列車は、各日とも始発から午後3時半ごろまでの間に、青函トンネルを走行する上下各7本。国交省によると、道新幹線が高速走行中、トンネル内で貨物列車とすれ違うことはなく、現行の東京―新函館北斗間の最速3時間58分と比べ約3分の短縮につながるという。詳細なダイヤはJR北が後日発表する。
 トンネル内は現在、貨物列車とのすれ違いを踏まえた安全上の観点から、最高160キロで走行している。(野口賢清)

      観光・運輸











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト