函館新聞電子版

  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 7月プレゼント
    映画鑑賞券
  • 特集
    コロナ禍に思う
  • クマ出没マップ
    出没マップ

グローバル社がスマートロボットと保育園向けソフト販売

 システム開発のグローバル・コミュニケーションズ(函館市桔梗町、笹谷隆社長)は、6月にもAI(人工知能)技術を活用したスマートロボットや、自社開発した保育園児の登・降園、体温管理、学習ツールとして利用できるソフトウエアの販売を始める。園児の体調管理や幼少期からのコミュニケーション能力の向上に期待されている。(野口賢清)
 使用するロボットはグローバル社が販売代理店を務めるNUWAロボティクス(台湾)社製のAI教育用ロボット「ケビーエア」。同社日本法人によると、台湾ではこれまでに6000台を販売し、500校以上に導入された実績を持つという。
 同ロボット用に自社開発したソフトウエアでは、ロボットに備えられたカメラを利用し、園児一人一人の顔を登録。顔認証技術を使うことで個人の登・降園時刻を記録できるほか、無線通信技術・ブルートゥースを活用し、ロボットと体温計や体重計などを紐づけることで、園児の健康を管理することができる。また英語などの語学学習や童話の読み聞かせ、歌の合唱などにも活用できる。
 グローバル社は函館と札幌、江別に計6つの企業主導型保育園などを運営しており、販売開始に向け試験運用を繰り返している。ロボット本体の価格は15万円前後、ソフトウエア使用料は月額4~5000円程度となる見込み。同社は今後介護施設や事務所の受付など、場面に応じたソフトの開発を考えており、笹谷社長は「独自のコンテンツを提案しながら、お客さまのニーズに応えていきたい」としている。法人だけでなく個人への販売も可能。問い合わせは同社(0138・34・5566)へ。

      IT・通信











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      函館新聞紙面

      7月15日の紙面

      イベントカレンダー

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト