函館新聞電子版

  • 5周年
    函館新聞電子版
  • コロナウイルス関連
    最新情報
  • 募集
    写真の日プロジェクト
  • 5周年プレゼント
    ホテル宿泊券
  • 高校野球
    春季大会
  • クマ出没マップ
    出没マップ

企業探訪/東出商会

 1935(昭和10)年に現社長の東出邦夫さんの父、武好さんが創業した「東出商店」がスタート。かつては食料品や雑貨なども取り扱っていたが、2014年のリニューアルを機に酒類の専門店「東出酒店」として全国から取り寄せたこだわりの日本酒を販売している。
 1990年には木古内町の特産品をつくろうと、同社が加盟する木古内小売酒販組合が、町内で生産した酒米を使い、同町の姉妹都市、山形県鶴岡市の酒蔵で醸造した日本酒「みそぎの舞」を販売。新幹線木古内駅開業で地域の観光需要が高まる中、地元の酒店でしか買えない“幻の日本酒”として多くの観光客が土産に買い求めている。
 また、鶴岡市の「冨士酒造」の限定酒「有加藤(ありかとう)」の道内唯一の特約店になるなど、全国各地から厳選した日本酒を取りそろえている。

事業内容

東出酒店の運営

社長からひとこと

 常に情報を収集して、店内には全国各地から取り寄せた200種類以上の日本酒をそろえています。温度や光などお酒の品質管理にはこだわり、新鮮でおいしい日本酒を多くの人に飲んでもらおうと心掛けています。木古内町に来てもらうきっかけになればと、町内でしか購入できない地酒「みそぎの舞」のPRにも力を入れています。

会社名 有限会社東出商会
創 業 1935年
資本金 10,000,000
住 所 木古内町本町329
電 話 01392―2―2073
業 種 酒類販売業
代表者 東出 邦夫
社長の東出邦夫さん
全国から厳選した日本酒をそろえる
東出酒店の外観

      企業探訪











      最新記事











      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト