函館新聞電子版

道内ガソリン2週連続値下げ、全国は11週ぶりの値下がり

 石油情報センター(東京)は17日、15日時点の石油製品価格調査の結果を発表した。道内のレギュラーガソリン1リットル当たりの平均価格は前回調査(8日)と比べ、0・2円安の168・1円で2週連続の値下がりとなった。
 全国の平均価格は同0・1円安の168・9円で11週ぶりに値を下げた。
 函館市がまとめた11月の石油製品小売価格調査によると、12日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの平均価格は前回調査(10月12日)と比べ、6・05円高の168・42円で6カ月連続の値上がり。このほか、市が調査した石油製品1リットル当たりの平均価格は、家庭用灯油が同9・47円高の112・79円、軽油が同5・90円高の149・73円、重油が同7・61円高の111・31円、プロパンガス5立方メートルが54・06円高の6326・94円、10立方メートルが同110・56円高の1万340・75円といずれも値上がりした。
 石油情報センターによると「引き続き原油の供給懸念から価格は高止まり傾向にあるものの、米国での原油在庫増加やドイツでの新型コロナ再拡大から需要減退の動きがみられ、原油価格、卸値は値を下げた」とし、来週以降は卸値が据え置かれたことから横ばいの推移を予想している。(飯尾遼太)

      経済団体・官庁











      最新記事











      休日当番医
      渡島・檜山管内
      休日当番医1月30日
      函館新聞電子版とは
      函館新聞 電子版 お申込み
      ご購読申し込み月は無料

      函館新聞宅配購読お申込み

      お試し(1週間)もございます。

      フリーマガジン「ハコラク」も毎月お届け

      きょうの人生指針/誕生月占い

      最新ニュース

      最新動画

      動画一覧

      ニュースカレンダー

      アクセスランキング

      紙面ビューア

      ※イベント中止および延期となる場合がございますので、詳細は主催者へ直接ご確認頂きますようお願い申し上げます。

      関連サイト